ブログ

それでもヒールを履きたい!という方へ

私も実はヒールの高い靴は大好きです。

足が綺麗に見えるし、カッコ良く履きこなそうと姿勢や歩き方もいつも以上に気をつけるようになるので、私には良い刺激になります。

しかし7cm以上の高さになると、たったの10分歩き通しでも足の踏み返しの所が痛くなります。

これは必然的に痛くなります!だってそこに体重がかかるような傾斜がかかっているのですから・・・。

なのでさすがに歩く時間が多くなりそうな日は履きません。

それでも、素敵な時間を過ごす日には履きたいものです。

私なりの考えではありますが、高いヒール靴を履くこと事態は決して悪いこととは思いません。

けれど、それを何日も休まず履き続けることは危険信号かなと思います。

これは「ずっと今までヒールばっかり履いてたんです」と言って外反母趾やモートン病などに悩んで来られるお客様にもお話していることです。

ヒールの靴を1日(多くても2日)履いたら、翌日から2~3日は足先に負担をかけない靴で休ませて、足を解放・回復させてあげて下さい。

私がまだ30代に入ったばっかりの頃、高さ5cm程のパンプスをほぼ毎日履いていた時がありました。

それも足によく合っていたので、快適に履いていたつもりだったのです。

ところがある時、裸足になった自分の足をみると、右母趾がわずかですが今までより明らかに外反しているのです。

今まで自分の足がそんな風に変形するなんて思ってもみませんでした。

そこから、しばらくパンプスをお休みし、なるべく足先が圧迫されないスニーカーなどを履いていると足の形は一時期よりすこし元に戻っているような感じなのです。

それを知ってから、パンプスを履いた日は足をチェックし、なるべく続けて履かないよう気を付けています。

そのおかげか、以前からひどくなっている様子はありません。

ちなみに最近一番お気に入りの「お休み靴」は、愛用のダンスコです♪

足指はゆったり解放され、土踏まずをキュッと支えてくれるので長時間の立ち仕事でも楽々です。

結論は、「ヒール・パンプスは休みやすみ履くべし」

履きたい靴を、幾つになっても履ける足でいられるよう、ご自身の生活習慣も一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

神戸にあるインソールと靴の専門店(シューフィッターのいるお店です)

「フットプラン」

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6

神戸国際会館SOL地下1F

営業時間:10時~20時

※休館日 毎月第2水曜(12月は無休)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る